このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 03-4477-5608
受付時間:平日9:00~18:00

メール講座
「会社組織に行動変容を促すための『5つの質問』」

~勉強熱心な社長が必要最小限の知識で会社の経営改革を実現する方法~

こんなお悩みありませんか?

もし、社長であるあなたが日頃以下のようなことでお悩みであれば、「5つの質問」が解決のヒントになる可能性があります。

  • 売上をもっと増やして経営を安定させたい
  • 下請けから脱却してオリジナル商品を作りたい
  • 新規事業を立ち上げて、今後の収益の柱にしたい
  • 将来に向けて組織風土を大きく変えていきたい
  • 右腕として頼りになる幹部社員がいない
  • 社員に危機意識が乏しく、会話が噛み合わない
  • 社員はいつも自分の顔色ばかりうかがっている
  • 下請けから脱却してオリジナル商品を作りたい

社長の心意気を形にして会社の成長に結びつける

はじめまして、ヒーズ株式会社代表取締役の岩井徹朗と申します。

私は銀行員として社会人生活をスタートし、ネット専業銀行の立ち上げとベンチャー企業での勤務を経て16年前の2006年に起業しました。(私の詳しい略歴は「こちら」をご参照ください。

現在は「心意気経営」として、社長の心意気を言葉にすることから始めて商品設計や人材育成を通して、売上アップにつなげる仕事に取り組んでおります。
弊社の定義する「心意気」とは感情と紐づいた、その人を突き動かす原動力

そして、「5つの質問」とはその心意気を見つけるために最初にクライアントさんに問いかけする質問となります。

弊社の仕事はコンサルティングやコーチングですが、クライアントさんの心意気に注目するようになってからセッションの効果がより高くなりました。

「5つの質問」を通して心意気を自覚されたクライアントさんの事例

不動産管理会社
後継社長就任を見据え、事業部長時代から心意気設計をスタート。
まずは事業部で心意気の浸透を目指す中で、3年で3億円の売り上げ増加を達成。
創業者からも認められ、社長就任後は心意気に沿う形で社内改革を推進中。
ダンボール製品製造会社
大手企業の下請けからの脱却のため、社長の心意気を反映する形で経営理念を再定義。
新しい経営理念を仕事のベースにすることで、そのコンセプトに共感する新規顧客開拓に成功。
日経MJなどメディアでも掲載され、ギフトショーでは2年連続で受賞獲得。
ハーブボール協会
協会として伝えたい思いを心意気をベースに発信し始めたところ、会員数も増え、代表が孤軍奮闘しない仕組みの構築に成功。
日本由来にこだわった和草ハーブボールを全国展開し、参入が難しいとされる有名店にも販路を開拓。
NFTアーティスト
宝石や鉱石を使って描いた絵に込めた心意気を言葉にして伝えたことで共感が広がり、ファンも急増。全国を巡る展示会が続々と決まり、売上もかつての10倍を達成。
また、NFTアーティストとして世界デビューが決定。
私自身、起業してしばらくすると、

セッションの中ではクライアントさんもテンションも上がり、次のセッションまでにやることが決まった
 ↓
翌月のセッションになると、全然進捗していなかった

という壁にぶつかりました。

仕事の性質上、いくらこちらが知恵を絞っても、クライアントさんに行動してもらわないと成果にはつながりません。

最初は私のノウハウ自体に問題があるのかと思いましたが、セッションの中でお伝えしていることはクライアントさんも納得しているものがほとんどです。

それなら、どうすれば、クライアントさんの行動変容を促せるのかと、心理学や脳科学、サイグラムや行動経済学、そして、哲学などいろいろな分野のことを学びました。

そして、試行錯誤を続けた結果

クライアントさんにご自身の心意気を自覚してもらう
 ↓
その心意気に沿う形で言葉を選んでアドバイスする

というのが最も効果があると分かったのです。

「5つの質問」で社員の意識と行動を変えるコミュニケーション力をアップしませんか?

日々孤軍奮闘されておられる社長さんが「5つの質問」を上手く活用していただくことで、社員の行動に変化が生まれて、会社の売上アップにもつながり、喜んでいただけるものと考えております。
今回メール講座で、主にオーナー企業の社長様向けに弊社が日頃使っている「5つの質問」をお伝えすることにしました。

「メール講座の内容」(全7回)

  • 1. これからの会社経営で求められるもの
  • 2. 人の原理原則を踏まえる
  • 3. なぜ、その社員は行動しないのか?
  • 4. 伝わり方が変われば結果が変わる
  • 5. 「5つの質問」とは?
  • 6. 「5つの質問」を使う際に気をつけたいこと
  • 7. 今後の取り組みを4つのパターンから考える
  • 2. 人の原理原則を踏まえる

「5つの質問」を無料で公開する3つの理由

効果が高いと確信しているメソッドに共感して一緒に広めていただける方を募集中です。

理由1「心意気」の認知度アップ

現在「心意気経営」に関する本を執筆中です。弊社としては自信のあるコンテンツですが、残念ながら「心意気」をベースとする経営手法はまだ世の中に知られていません。

そのため認知度を上げるべく、出版を企画して進めているところですが、今回のメール講座もその流れの一環になります。

理由2「5つの質問」の実績件数アップ

弊社は私と取締役の2名で経営している小さな会社です。このため、物理的、時間的な制約から、サービスをご提供できる社数にも数に限りがあります。

この点、「5つの質問」を通して、弊社のメソッドを知っていただいた社長さんが社内で上手くご活用いただくことで、より多くの会社の業績向上にお役に立てると考えています。

理由3 弊社の売上アップ

メール講座では「5つの質問」の内容とその使い方やその背景等をすべてお伝えします。

このため、メール講座で学んだ内容を実践していただければ、社長の心意気を言語化することは可能です。

けれども、教科書を勉強したからといって、テストですぐに100点が取れないのと同じく、ノウハウも知っているだけでは役に立ちません。

この点、弊社が何かしらご協力させていただくことで、より早く、より確実に成果につなげたいという方がおられたら、有料にはなりますが、個別にお手伝いさせていただく予定です。

メール講座のお申込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

個人情報の取り扱いについて

弊社ではお客様よりお預かりしました個人情報を弊社のプライバシーポリシーに従って、セミナーやサービス実施、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売目的で利用いたします。

前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。なお、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

ヒーズ株式会社の個人情報に関するお問い合わせは、担当者(岩井徹朗)宛にお願いします。(E-mail: cs@heeze.co.jp )

運営会社

会社名 ヒーズ株式会社
住所 〒102-0085
東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5階
ホームページ https://www.heeze.co.jp/
TEL 03-4477-5608
ホームページ https://www.heeze.co.jp/